商品情報にスキップ
1 / 1

発明学会ネットショップ

巻えもん(新聞、雑誌、段ボールを簡単に縛れる) 巻きえもん 送料¥250(5個まで)

通常価格
¥700
通常価格
セール価格
¥700
title
ギフトラッピング
ゆうパケット配送

【こんな方にオススメ】
  新聞紙や雑誌、ダンボールなどを縛るのが苦手

【本製品の効果】
  お子様でも、女性でも、ご年配の方でも!
  力を使わず、簡単に束ねたいモノを縛れる!

【使用方法】
  STEP.1
   束ねたい物に紐を通したあと、上下の紐を20cm位のところで併せて持つ。

  STEP.2
   渡してある紐の真ん中あたりにフックをかけ、紐を折り返す。

  STEP.3
   折り返した紐を対象物の上で押さえ、本製品を手前に引っ張りながら、くるくる紐を捻じる。

  STEP.4
   紐をねじり塊ができたら、本製品を引っ張らずに円を描くように回し、紐の復元力と紐同士の
   ねじれ現象で硬い結束状態を作る。

  STEP.5
   紐から本製品を外し余った紐を付属のカッターで切る。

【対応品】
  ・新聞紙
  ・雑誌
  ・ダンボール
  ・枝木
     など

【商品仕様】
  ・紐切りカッター付属

【使い方の動画】※ひもくるりんと使い方は同じです

開発経緯
発明者:春山 智
発明のきっかけは、新聞を縛っていたときのこと。
古新聞をきつく縛ったつもりでも、ゆるくたるんでしまうビニールひもが悩みの種でした。
そんなある日、ひものたるみを取るために、ひもを割り箸できつくねじりながら締め込んでいたとき、「ひもを結ぶのではなく、ねじることできつく締めこむことができるのではないか?」というアイデアがひらめきました。
試行錯誤の結果、結び目をダンゴ状に硬くまとめると、ひもの復元力と、ひも同士のねじれ現象の相乗効果で、ほどけなくなることを発見しました! ゆるむことなく縛ることができる、ひも結束具は、こうして完成しました。
最初に発明したのが、75歳の時。あれから13年、現在は87歳ですが、毎日実演販売などで、全国を飛び回る、充実の毎日を過ごしています。